fxで勝つためにすべきこと

fxをする時にまずすべきことは身の丈にあったトレードをするという事です。fxはレバレッジがかけられると言う事で自分の投資資金以上のトレードをすることができますので、無理をしてしまいがちです。それを最初から織り込んでトレードをするのであれば問題がないのですが、値動きがあればこんなにもマイナスになるのかと思ってしまう人もいますので、しっかりとどれだけ動けばどれだけの損失がでるかどうかを計算できるようになっておくことが必要になります。それがなければわけがわかならいまま損をした「fxは儲からないな」と言う事で終わってしまう場合があります。

fxで勝つためには基本的な事を抑えた上で、さらに人がやらない事にもチャレンジすることが大切です。fxは時の流れによって人の考え方が少々変わるように、相場自体の動きも変わってきます。その細かな動きにも敏感に反応できるように準備をしておくことが大切です。大きな流れだけ掴んでざっくりとトレードをすることも大切だと思います。

それとプラスして細かなトレードを組み合わせる事で、盤石なトレード手法となります。小さな事の積み重ねとなりますが、それが大きな発見となる場合も多々ありますので、絶えずアンテナを張り巡らせてfxトレードに励む事がよいでしょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

休むも大事

fxをしていると24時間トレードが可能ですので、昼も夜も関係なくのめり込んでしまう場合が多いです。よくゲームソフトを買ってもらった子供が親の目を盗んで夜中ずっとゲームをしている事に近いと思います。という事は大人で会っても情熱さえあれば子供のように慣れると言う事です。私たち大人はいろいろなしがらみもあり、おもいっきり熱中できるものがなくなっているのかもしれませんね。それがfxであれば思いっきりチャレンジする価値もありますし、一晩中のめり込んでしまう事も理解できると思います。

しかし、兼業トレーダーでいるのであれば、本業のほうも大切ですので、しっかりとライフプランを考えてトレードをすることが大切です。fxをすることで本業がうまくいかない、家族との接する時間が少なくなった、などになれば悲しい事ですし、それはfxのトレードに反映されてきます。できる限りfxをする際にはストレスフリーで最大限、自分の力を発揮できるように努める必要があります。

fxは休む事も大事です。特に、兼業トレーダーであれば、いつでもチャンスはあるのですから、焦らずにゆっくりと取り組む心のゆとりが大切になります。子供のように無邪気にチャレンジすることも良いですが自己責任でほどほどにしたほうがいいでしょう。

Posted in 未分類 | Leave a comment

ファンダメンタルズ分析も大事

テクニカル分析はとても大事という事を書きましたが、ファンダメンタルズ分析も重要です。チャート分析に比べるとそれほど重要度は落ちますが、それを補完する上では武器になると思います。特にリーマンショックの状況やユーロ危機などの前後の流れを知っていると、相場が何を材料視しやすいのかについてわかりやすいと思います。同じ経済指標であっても、その時に注目されているものとそうでないものがあり、結果が同じであっても値動きは大きく変わってくる事があります。そういう事を敏感に感じ取ってトレードに生かしていくことがファンダメンタルズ分析の位置づけになると思います。

これだけでトレードをしようとするとさすがに難しいと思いますので、テクニカル、ファンダメンタルズをうまく組み合わせてfxトレードをやっていくことが大切になります。そのほかでも、日柄分析などもハマる時はハマりますね。人間の周期を考えると週5日働くとか、4時間ごとに勤務時間が変わるとか、そういう所に着目してトレードをしていくと案外ハマる時があるんですよね。これは細かな所かもしれませんが、大枠としてテクニカル、ファンダメンタルを抑えておけば、このような小技が生きてきますので、バランス良く掛け合わせて補完していくことが良いです。

Posted in 未分類 | Leave a comment

テクニカル分析を極めよう

fxをする際にトレードの主体となるのはテクニカル分析です。これは言語と同じくらいトレーダーの間では習得しておくべきものの1つであります。fxについての話しになるとき必ずと言っていいほど使っているテクニカル分析法について聞かれると思います。また情報交換の時もテクニカル分析の良い点と悪い点などを交えて話しが進む事が多いです。一部、ファンダメンタルズ的な要因についても大局感として論じられることもありますが、判断する際にはチャートにて行われる場合が多いです。

では、チャートはどのような観点からみて行けばいいのか、これは日々新しい手法が出てきて消えてを繰り返していますが、昔からある手法で現在まで生き残っているものについては、一定の効果があることが予想されます。fxや相場は人間の欲が数字になったに等しいものですので、今も昔もそれほど人間の欲望は変わりがないと思います。そうであれば、今までずっと使い続ける人がいるチャート分析には一定の法則に従って合致する所があると思います。そういうオーソドックスなチャートを使っていくことが初めは良いと思います。多くのチャート分析も基本的なものを変形させたものですので基礎がしっかりとできていれば応用も自在だと思います。

Posted in 未分類 | Leave a comment

fx初心者が気をつけるポイント

fx初心者からよく聞くないようですが、トレードをするタイミングがわかりません、と言われる事が多いです。これは根本的な事で難しいなと思いますが、中でもこのタイミングだけは避けておいたほうが良いと言われるのが経済指標発表時です。これをあまり知らずにトレードをしてみて一気に値段が動いて慌ててしまい損失が拡大したと言う人が多いです。

経済指標とは各国が経済状況を知らせるために発表するもので、その情報をもとに通貨が売ったり買ったりされる事があります。ファンダメンタルズ分析ではとても重要なもので毎日、発表される経済指標についてはチェックしておくことが必要だと思います。これを知らずにトレードをしていると、値動きが荒い時にトレードをしてしまう事になることもあります。

一番値動きが激しいと言われる経済指標は米雇用統計です。これは世界中でもアメリカの経済情勢については注目しており、その結果次第で全世界に波及することで有名です。インパクトが大きいと言う事は値動きにも反映されやすいと言う事で、何も知らずにポジションを取ってしまえば、一気に損失が拡大と言う事もあるでしょう。経験者であれば良いと思いますが、fx初心者であればこのような局面は静観して値動きが安定してからトレードをすることをお勧めします。

 

Posted in 未分類 | Leave a comment

fxで大切な事

fxをする上で大切なことは諦めないと言う事です。私も最初は右も左もわからないままトレードをしてしまい、全額突っ込んだトレードだったために負けてしまって途方に暮れた時もありました。そういう事を経てもコツコツ余剰資金を貯めていき、fxにまた戻ることができました。fxで負けて借りはfxで返さなければ何だか気が済まないというか自分自身に自信を取り戻すことができないと感じたからです。しかも、一度痛い目に会っているため次回は何とか一矢報いたいという気持ち上がり、研究にも熱が入りましたし、そで出敢えて人や情報というのはとても大切なものとなっています。

何事でも同じだと思いますが、一度や二度の失敗でへこたれていれば、大きな成果を望む事はできないと思います。そういう失敗を乗り越えてでも成功させてやろうという熱い気持ちがある人だけ次のステージに立てるのではないかと思います。精神論となってしまいますが、結局、最初も最後も人間が判断して進めて行くものですから、精神状態や心構えはとても大切になってきます。これからfxをする人にとっては重い内容かもしれませんが、諦めずにするという事を念頭に置いておけば負けたとしても気が楽になるのではないかと思います。

Posted in 未分類 | Leave a comment

fxリーダーのブログへようこそ!

これまでいろいろなアルバイトや仕事をしてきましたが、どれも長続きせずに諦めかけていた時にfxと出会いました。fxはとても手軽にかつそうな利益を運んでくれるツールだと思っています。ネットで検索しても数万円から数億円にまで資産が跳ね上がったと言う人も良く見ますし、私も一度は大きな利益を取ることができました。一度、その快感を覚えてしまうと辞めるに辞めれなくなってしまい、負け勝負でもfxをしてしまい損失を拡大することもありました。

なんだかんだといろいろありましたが、fxで培ったノウハウで今では様々な金融商品について扱う事ができました。これまではニュースを見ていても何の事やらさっぱりわからなかったことでも、おそらく俺はニュースキャスターよりこのニュースの事に対しては詳しくなったと時間するくらいです。私たちトレーダーはそのニュース動向によって大切なお金のやり取りをしている事に等しいので、その前後の情報についても詳細に知っています。本気になっていると言う事ですね。これが上辺だけわかったような気出いる人とは違いますからね。

と、今ではfxについて悩んでいる人がいればアドバイスをしたりもしているので、このブログではそのようなこれまでで多かった悩みなどを御紹介して、みなさんのお役に立つことができればと思っています。

Posted in 未分類 | Leave a comment